2019年5月公開

さよならくちびる

更新日:

さよならくちびる

さよならくちびる

劇場公開日:2019年5月31日

小松菜奈・門脇麦 ダブル主演。秦基博、あいみょんの名曲にのせて、未来への希望を描く恋と青春音楽ロードムービー!(上映時間:116分)

ストーリー

「二人とも本当に解散の決心は変わらないんだな?」
全国7都市を回るツアーへの出発の朝、車に乗り込んだデュオ〈ハルレオ〉のハル(門脇麦)とレオ(小松菜奈)に、ローディ兼マネージャーのシマ(成田凌)が確認する。うなずく二人にシマは、「最後のライブでハルレオは解散」と宣言するのだった。
 
2018年7月14日、解散ツアー初日から波乱は起きる。別行動をとったレオが、ライブに遅刻したのだ。険悪なムードの中「今日が何の日かくらい憶えているよ」と、小さな封筒をハルに押し付けるレオ。しばらくして、何ごともなかったかのようにステージに現れるハルレオ。トレードマークのツナギ姿に、アコースティックギター。後ろでシマが「たちまち嵐」を歌う二人をタンバリンでサポートする。
 
次の街へ向かう車の中、助手席でレオからもらった封筒を開けるハルを見て、「そうか、今日はハルの誕生日か」と呟くシマに、「違うよ。初めてレオに声をかけた日だよ」と答えるハル。二人が出会ったのは、バイト先のクリーニング工場。上司に叱られ、むくれていたレオを、ハルがいきなり「ねえ、音楽やらない?あたしと」と誘ったのだ。
 
その瞬間から、ずっと孤独だった二人の心が共鳴し始めた。ハルからギターを習って音楽を奏でる喜びを知るレオ。そんなレオを優しく見守るハル。レオの歌とギターは上達し、二人は路上で歌うようになった。
 
少しずつ人気が出始め、ライブツアーに出ることにしたハルレオは、ローディを探す。その時、「ハルさんの曲と詞のセンスが好きだから」と名乗りを上げたのが、元ホストのシマだった。売れたバンドが使っていたというツアー車を用意し、「俺らも行けるところまで突っ走る」と煽るシマに、ハルとレオも自分の夢を叫んで拳を振り上げた。
 
地方ライブの集客も増え、若い女性を中心にさらに人気が広がっていくハルレオ。だが、誰も予期しなかった恋心が芽生えたことをきっかけに、3人の関係は少しずつこじれていく。さらに、曲作りにかかわらないレオが、音楽をやる意味を見失っていった。各々が想いをぶつけ合い、名曲と名演奏が生まれていくが、溝は深まるばかり。ついに、この解散ツアーへと旅立つまで心が離れてしまった。
 
三重、大阪、新潟、山形、青森と、思い出の詰まったライブハウスを巡って行くハルレオ。もはやほとんど口もきかないが、ギターもコーラスもピタリと息が合い、その歌声は聴く者の心の奥深くへと届いていく。そしていよいよ3人は、北海道・函館で開くラストライブへと向かうのだが──。

スタッフ

監督:塩田明彦
原案:塩田明彦
脚本:塩田明彦
製作:依田巽/中西一雄
主題歌プロデュース:秦基博
挿入歌:あいみょん

キャスト

小松菜奈/門脇麦/成田凌/篠山輝信/松本まりか
 

『さよならくちびる』 レビュー

『さよならくちびる』のレビューはこちら

さよならくちびる
さよならくちびる|レビュー

2019年5月31日公開、小松菜奈・門脇麦 ダブル主演。秦基博、あいみょんの名曲にのせて、未来への希望を描く恋と青春音楽ロードムービー『さよならくちびる』のレビューページです。『さよならくちびる』の映 ...

続きを見る

Copyright© おすすめ映画なび , 2019 All Rights Reserved.