映画レビュー

劇場版シティーハンター
〈新宿プライベート・アイズ〉
評価: 3.5

更新日:

2019年2月8日公開、20年ぶりに新作長編アニメーション映画として帰ってきた『劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉』のレビューページです。『劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉』の映画情報はこちら

<お得な情報>

イオンシネマの映画が1000円に!
映画がお得になる裏技とは?

年間50回使え、同伴者も1000円で!
作品名 劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉
総監督 こだま兼嗣
原作 北条 司
脚本 加藤陽一
チーフ演出 佐藤照雄/京極尚彦
キャスト(声の出演) 神谷明/伊倉一恵/飯豊まりえ/山寺宏一/一龍斎春水
上映時間 95分
製作国 日本

『劇場版シティーハンター』 レビュー
〈新宿プライベート・アイズ〉

劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ

テツ さん


〜誰ひとり撃たない現代版CITY HUNTER〜
シティーハンターがマンガ連載・アニメ放映されていた時代からちょうど30年。久々に劇場版が公開された。
 
シティーハンター冴羽リョウ、相棒の槇村香、海坊主、そして警察側の協力者冴子とお馴染みのメンバーが揃う。彼等が立ち向かうのは、日本に支配の手を伸ばそうとする巨大軍需企業。冴羽、海坊主が新宿の街を舞台に戦う相手は、殺し屋、ヒットマンなどではなく、軍事用のロボットであったりドローンであったり。序盤は冴羽らの楽勝に見えたが、こいつらは敵の攻撃パターンを学習して賢くなるため、冴羽らは徐々に劣勢となる。何とも現代的な戦闘だ。劇中、冴羽らが人を撃つシーンはひとつもない。
 
シティーハンターの定番ギャグである「もっこり」ネタはやや過剰にも感じられるが、BGMはTMN、小比類巻かほる、PSY・Sと豪華ラインナップで、往年のファンをがっちり魅了。さらにスペシャルゲストの登場もあり。
 
20世紀の往年のファンも21世紀の新世代も楽しめる内容。

評価: 3.5

テツ さんの他のレビューはこちら
<お得な情報>

イオンシネマの映画が1000円に!
特別なイオンカード・年会費無料

年間50回使え、同伴者も1000円で!

Copyright© おすすめ映画なび , 2019 All Rights Reserved.