映画レビュー

ボヘミアン・ラプソディ
評価: 4.0

更新日:

2018年11月9日公開、第91回アカデミー賞で四冠に輝いた大ヒット映画『ボヘミアン・ラプソディ』のレビューページです。『ボヘミアン・ラプソディ』の映画情報はこちら

<お得な情報>

イオンシネマの映画が1000円に!
映画がお得になる裏技とは?

年間50回使え、同伴者も1000円で!
作品名 ボヘミアン・ラプソディ
監督 ブライアン・シンガー
製作 グレアム・キング/ジム・ビーチ
製作総指揮 アーノン・ミルチャン/デニス・オサリバン
キャスト ラミ・マレック/ルーシー・ボーイントン/グウィリム・リー/ベン・ハーディ/ジョセフ・マッゼロ
上映時間 135分
製作国 アメリカ

『ボヘミアン・ラプソディ』
レビュー

ボヘミアンラプソディー

テツ さん


世界的人気のロックバンドQweenとそのボーカル フレディ・マーキュリーの物語。
 
フレディが音楽活動に関わる前から、彼が病に倒れる直前まで、パーソナル・ヒストリーを描いている。
 
フレディらの才能によって成功が成功を呼んだ創始期、音楽業界におもねらずファンとの一体感を大切にし、さらにビッグバンドに成り上がった成長期、フレディ自身が成功に囚われすぎて歯車が狂ってゆく混迷期、これらを経て、バンドは再び強く結束する。
 
この映画を貫くテーマは愛である。
女と男の愛。男と男の愛。父と子、母と子の愛。それぞれの愛に飢え、悩みを抱えるフレディの姿が随所に描かれている。フレディは悩みもがき苦しみながらも、音楽に全ての才能を注ぎ込んで世界に数々の伝説を残し、そして45歳で生涯を閉じた。

評価: 4.0

テツ さんの他のレビューはこちら
<お得な情報>

イオンシネマの映画が1000円に!
特別なイオンカード・年会費無料

年間50回使え、同伴者も1000円で!

Copyright© おすすめ映画なび , 2019 All Rights Reserved.