2019年6月公開

メモリーズ・オブ・サマー

更新日:

メモリーズ・オブ・サマー

メモリーズ・オブ・サマー

劇場公開日:2019年6月1日

1970年代のポーランドを舞台に、子どもと大人の狭間で揺れる12歳の少年の切なくも忘れられないひと夏の記憶。(上映時間:83分)

ストーリー

1970年代末のポーランドの小さな田舎町、夏。
 
12歳の少年ピョトレックは母親のヴィシアとはじまったばかりの夏休みを過ごしていた。父イェジーは外国へ出稼ぎ中だが、母と息子は、石切場の池で泳ぎまわり、家ではチェスをしたり、ときにはダンスをしたりする。ふたりの間には強い絆があり、ピョトレックは楽しく夏休みを過ごしていた。だがやがてヴィシアは毎晩のように家をあけはじめる。ピョトレックは、おしゃれをし、うきうきとした母の様子に、不安な何かを感じ始める。
 
団地に、都会からマイカという少女がやって来る。母に連れられ、おばあちゃんの家へ遊びに来たマイカは、田舎町が気に入らないようだ。仏頂面のマイカに、ピョトレックは一目で惹かれる。やがてふたりは徐々に仲良くなり、郊外へ一緒に出かけるようになる。
 
母は相変わらず出かけてばかりいる。月に一度、ふたりのもとに、外国で働いている父イェジーから電話がかかってくる。喜んで話をするふたりだが、「ママに何か変わったことはないか?」という父の質問に、ピョトレックは沈黙する。その様子を見ていた母は、息子に「なぜあんな真似を」と怒りをぶつける。その日から、ふたりの間には緊迫した空気が流れ始める。そんななか、大好きな父が出稼ぎから帰って来る……。

スタッフ

監督:アダム・グジンスキ
製作:ウーカッシュ・ジェンチョウ/ピオトル・ジェンチョウ
脚本:アダム・グジンスキ
撮影:アダム・シコラ

キャスト

マックス・ヤスチシェンプスキ/ウルシュラ・グラボフスカ/ロベルト・ビェンツキェビチ
 

『メモリーズ・オブ・サマー』
レビュー

『メモリーズ・オブ・サマー』のレビューはこちら

メモリーズ・オブ・サマー
メモリーズ・オブ・サマー|レビュー

2019年6月1日公開、1970年代のポーランドを舞台に、子どもと大人の狭間で揺れる12歳の少年の切なくも忘れられないひと夏を描いた『メモリーズ・オブ・サマー』のレビューページです。『メモリーズ・オブ ...

続きを見る

Copyright© おすすめ映画なび , 2019 All Rights Reserved.