映画レビュー

七つの会議
評価: 4.5

更新日:

2019年2月1日公開、池井戸潤原作・野村萬斎主演の映画『七つの会議』のレビューページです。『七つの会議』の映画情報はこちら

作品名 七つの会議
監督 福澤克雄
原作 池井戸 潤
脚本 丑尾健太郎/李正美
プロデューサー 伊與田英徳
キャスト 野村萬斎/香川照之/及川光博/木下ほうか/吉田 羊
上映時間 119分
製作国 日本

『七つの会議』 レビュー

七つの会議

親分 さん


とにかくキャストが豪華すぎて期待感の半端ない作品。個人的感想としては、野村萬斎の怪演と香川照之の熱演が素晴らしく、息を飲む瞬間がいくつもあり、どんどん味付けが濃くなって、私好みの仕上がり(笑)。
 
世界の国々から見たら「異様なサラリーマン社会」である日本ですが、だからこそ、これまでの日本がある反面、人として当たり前のことが当たり前でなくなってしまっている面も考えると、それはそれで課題は山積だと感じました。
 
自分の人生を賭けて組織に尽くすことが美徳ではなくなる日が来ると思うと寂しさを感じずにはいられませんが、「組織の中で働くにあたっての価値観」に大きなアップデートが必要な時代に来ている、という印象を強く受けました。

評価: 4.5

親分 さんの他のレビューはこちら

Copyright© おすすめ映画なび , 2019 All Rights Reserved.