存在のない子供たち
評価: 5.0

投稿日:

2019年7月20日公開、レバノンの女性監督ナディーン・ラバキーが、誕生日も知らない戸籍もない貧しい12歳の少年の目線を通して中東の貧困と移民の問題を描いたヒューマンドラマ『存在のない子供たち』のレビューページです。『存在のない子供たち』の映画情報はこちら

作品名 存在のない子供たち
監督 ナディーン・ラバキー
製作 ミヒェル・メルクト/ハーレド・ムザンナル
製作総指揮 アクラム・サファー/アンヌ=ドミニク・トゥーサン/レイ・バラカット/ジェイソン・クリオット
脚本 ナディーン・ラバキー/ジハード・ホジェイリ/ミシェル・ケサルワニ/ジョルジュ・ハッバス/ハーレド・ムザンナル
出演 ゼイン・アル・ラフィーア/ヨルダノス・シフェラウラ/ボルワティフ・トレジャー・バンコレ/カウサル・アル・ハッダード/ファーディー・カーメル・ユーセフ/シドラ・イザーム/アラーア・シュシュニーヤ/ナディーン・ラバキー
上映時間 125分
製作国 レバノン

『存在のない子供たち』 レビュー

存在のない子供たち

Ayana さん


レバノンの貧民窟で生まれ、両親、兄弟姉妹たちと暮らすゼイン。学校に通えず、家族の生活の為に朝から晩まで働く毎日。両親が出生届を出さなかったため、誕生日もわからない。推定12歳。仲の良い妹サハルは多分11歳。ある日、サハルは親子ほども年の離れたアパートの大家と強制結婚させられてしまう。親への不信、怒り、悲しみ、そしてゼインは家を飛び出す。けれど、働き口もお金もなく、路頭に迷う日々。ある日ゼインはエチオピア移民の女性ラヒルと出会う。彼女にはヨナスという幼子がいた。
 
ゼインの生まれ育った環境は、ひどいものだ。ボロボロで不衛生なアパート。たくさんの兄弟姉妹。働かない両親。家賃を払えず、追い出されるのを恐れ、代わりにまだ幼い娘を大家に嫁がせ、自分たちの安穏を得ようとする。何も考えず、ただただ欲求を満たし、結果生まれる子供たち。世話もまともにせず、愛情もない。ある程度成長したら、働かせ、住む場所を追い出されないために娘を差し出す。両親にとって子供は自分たちが生きていくための道具に思える。
 
ゼインはそんな両親に疑問を持ち、怒り、家を出る。環境に流されず、おかしいものはおかしいと思えるゼインの感情に救われ、たくましく生きようとする姿に胸を打たれる。家出し、出会ったラヒルとヨナスとの束の間の温かい日々。ラヒルも移民で不法滞在の身で、幼いヨナスを抱え、綱渡りのような厳しい生活を送っているが、ゼインの両親とは対照的に、子供への愛情がある。そんな姿にゼインは憧れと親子の在り方を感じたかもしれない。しかし、容赦のない現実が、ゼインをさらに過酷な状況に追いやる。なんとか生きよう、乗り切ろうとするも、やはりゼインはまだ子供だ。限界がある。一旦家に戻ったゼインが知った衝撃の事実と、それによって起きた事件。そして、後半、ゼインは両親を訴える。「僕を産んだ罪で」。
 
法廷での両親の主張には、腹が立ち、呆れる。自分たちがいかに辛い状況で、どんなに世間から虐げられて生きているか、だから仕方ない、なぜ責められるんだ、と言い訳に終始する。そんな両親を冷ややかに見つめるゼイン。両親に見切りをつけ、前を向いている。両親も厳しい状況なのはわかるが、その状況に甘んじ、言い訳と都合の良い解釈で、変わる気が微塵もない。母親がまた妊娠したとゼインに告げた時は、心底呆れた。また繰り返すのかと。「人の心がないのか」と母親に言い放つゼイン。そして、自分と同じような境遇の子供をむやみに産む大人に訴える。「世話できないなら産むな」と。まさにその通りだと思う。どんなに過酷な状況でも、最後の救いは愛だろう。愛さないなら産むな、産むならせめて愛せよ、と強く思う。
 
ゼインの、笑顔がなく、いつも悲しさと怒り、世の中への絶望を湛えた目。最後に初めて見せる笑顔に、言葉にできない感情が溢れ、涙が止まらない。主人公のゼインをはじめ、キャストがキャスティング・ディレクターによって見出された、この物語と同じように厳しい環境下で暮らす人々だというのも見どころだ。

評価: 5.0

Ayana さんの他のレビューはこちら

 

最近レビューした映画一覧

ロケットマン

映画レビュー

『ロケットマン』レビュー

2019年8月23日公開、誰からも愛されなかった少年、エルトン・ジョンの感動の半生を『キングスマン』シリーズのタロン・エガートン主演で贈る『ロケットマン』のレビューページです。 『ロケットマン』映画情報 作品名 ロケットマン 監督 デクスター・フレッチャー 製作 マシュー・ボーン/エルトン・ジョン 脚本 リー・ホール 出演 タロン・エガートン/ジェイミー・ベル/ブライス・ダラス・ハワード/リチャード・マッデン 上映時間 121分 製作国 イギリス・アメリカ合作 『ロケットマン』レビュー 一覧 レビュー数 ...

詳しく見る

ホット・サマー・ナイツ

映画レビュー

『ホット・サマー・ナイツ』レビュー

2019年8月16日公開、『君の名前で僕を呼んで』『ビューティフル・ボーイ』のティモシー・シャラメ主演。少年の人生を大きく変えた、ひと夏の経験を描く青春映画『ホット・サマー・ナイツ』のレビューページです。 『ホット・サマー・ナイツ』映画情報 ストーリー 1991年は、激動の年だった。 湾岸戦争が始まり、フレディ・マーキュリーはエイズで逝った。これは、アメリカ東海岸に位置する美しい海辺の町に記録的な猛暑が訪れた夏、この町の“伝説“となったダニエル・ミドルトンの物語だ。   6月。夏のケープコッドには、大きく ...

詳しく見る

シークレット・スーパースター

映画レビュー

『シークレット・スーパースター』レビュー

2019年8月9日公開、インド映画界のスター、アーミル・カーン製作・出演。落ち目の音楽プロデューサー&ユーチューバー少女の笑いと涙のサクセスストーリー『シークレット・スーパースター』のレビューページです。 『シークレット・スーパースター』映画情報 ストーリー インドに暮らすインシアは、両親と祖母、弟と暮らしている。父親は、権威的で、母親に暴力をふるうこともしばしば。インシアは、歌手を夢見てギターを弾き、自分で曲を作っていた。父からは叶わない夢にうつつを抜かすなと厳しく歌を禁止されていたが、母はインシアを応 ...

詳しく見る

イソップの思うツボ

映画レビュー

『イソップの思うツボ』レビュー

2019年8月16日公開、『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督&製作スタッフが再結集。3人の少女をめぐる予測不能な騙し合いバトルロワイヤルが勃発!?『イソップの思うツボ』のレビューページです。 『イソップの思うツボ』映画情報 ストーリー 家族の仲は良いが、友達はカメだけの内気な女子大生、亀田美羽。大人気タレント家族の娘で、恋愛体質の女子大生、兎草早織。復讐代行屋父娘の娘として、その日暮らしの生活を送る戌井小袖。   三人の少女が出会う時、最高の奇跡が起こるーー。 映画情報 作品名 イソップの思うツボ 監 ...

詳しく見る

アルキメデスの大戦

映画レビュー

『アルキメデスの大戦』レビュー

2019年7月26日公開、第二次世界大戦を数学者の視点で描く同名マンガを『ALWAYS 三丁目の夕日』『永遠の0』の山崎貴監督のメガホンで実写映画化した『アルキメデスの大戦』のレビューページです。 『アルキメデスの大戦』映画情報 ストーリー 1933年(昭和8年)。欧米列強との対立を深め、軍拡路線を歩み始めた日本。海軍省は、世界最大の戦艦を建造する計画を秘密裏に進めていた。だが省内は決して一枚岩ではなく、この計画に反対する者も。「今後の海戦は航空機が主流」という自論を持つ海軍少将・山本五十六は、巨大戦艦の ...

詳しく見る

ダンスウィズミー

映画レビュー

『ダンスウィズミー』レビュー

2019年8月16日公開、『ウォーターボーイズ』『ハッピーフライト』の矢口史靖が監督・脚本を手がけた全く新しいミュージカルコメディ『ダンスウィズミー』のレビューページです。 『ダンスウィズミー』映画情報 ストーリー 一流商社で働く勝ち組OLの静香(三吉彩花)は子供の頃からミュージカルが大の苦手。しかし、とあるきっかけで音楽が聞こえるとミュージカルスターのように歌い踊り出すカラダになってしまう。スマホの音や日常に溢れる音楽に反応し、所構わず歌い踊り出すせいで、順風満帆な人生がハチャメチャに。   恋も仕事も ...

詳しく見る

ライオン・キング

映画レビュー

『ライオン・キング』レビュー

2019年8月9日公開、『アイアンマン』シリーズのジョン・ファヴロー監督が、実写もアニメーションも超えた驚異の “超実写版” 映像でリメイクした『ライオン・キング』のレビューページです。 『ライオン・キング』映画情報 ストーリー 命あふれるサバンナの王国プライドランド。   その王であるライオン〈ムファサ〉に、息子〈シンバ〉が誕生する。だが、シンバはある“悲劇”によって父ムファサを失い、王国を追放されてしまう。新たな世界で彼は仲間と出会い、“自分が生まれてきた意味、使命とは何か”を知っていく。王となる自ら ...

詳しく見る

ブレス あの波の向こうへ

映画レビュー

『ブレス あの波の向こうへ』レビュー

2019年7月27日公開、マルチ俳優サイモン・ベイカーが監督・脚本・主演。彼が見出した少年たちの成長を描くサーフィン・ドラマ『ブレス あの波の向こうへ』のレビューページです。 『ブレス あの波の向こうへ』映画情報 ストーリー 1970年代、オーストラリア西南部の小さな街。正反対な性格の少年パイクレットと友人ルーニーは、刺激を求めて冒険に明け暮れる日々を送っていた。ある日彼らは、ミステリアスな雰囲気を漂わせるサンドーと出会い、サーフィンを教えてもらう。サンドーはかつて名を馳せた伝説のサーファーで、連日のよう ...

詳しく見る

ワイルド・スピード スーパーコンボ

映画レビュー

『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』レビュー

2019年8月2日公開、全世界累計興収5000億円突破の大ヒット・カーアクション「ワイルド・スピード」のシリーズ最新作『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』のレビューページです。 『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』映画情報 ストーリー 今回のワイルド・スピードは、アメリカ外交保安部の捜査官、おなじみルーク・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)と元イギリス軍特殊部隊のデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)がタッグを組んで戦いに挑む。   かつては敵同士で何もかも正反対のホブスとショウが、いがみあいなが ...

詳しく見る

風をつかまえた少年

映画レビュー

『風をつかまえた少年』レビュー

2019年8月2日公開、最貧国であるアフリカのマラウイに住む少年が風車で自家発電に成功した実話を映画化した『風をつかまえた少年』のレビューページです。『風をつかまえた少年』の映画情報はこちら。 『風をつかまえた少年』映画情報 ストーリー 2001年、アフリカの最貧国のひとつマラウイを大干ばつが襲う。   14歳のウィリアムは飢饉による貧困で学費を払えず通学を断念するが、図書館で一冊の本と出会い、独学で風力発電のできる風車を作り、乾いた畑に水を引くことを思いつく。いまだに祈りで雨を降らせようとする村で、最愛 ...

詳しく見る

-映画レビュー

Copyright© おすすめ映画なび , 2021 All Rights Reserved.