『ブレス あの波の向こうへ』レビュー

更新日:

ブレス あの波の向こうへ

2019年7月27日公開、マルチ俳優サイモン・ベイカーが監督・脚本・主演。彼が見出した少年たちの成長を描くサーフィン・ドラマ『ブレス あの波の向こうへ』のレビューページです。

『ブレス あの波の向こうへ』映画情報

ストーリー

1970年代、オーストラリア西南部の小さな街。正反対な性格の少年パイクレットと友人ルーニーは、刺激を求めて冒険に明け暮れる日々を送っていた。ある日彼らは、ミステリアスな雰囲気を漂わせるサンドーと出会い、サーフィンを教えてもらう。サンドーはかつて名を馳せた伝説のサーファーで、連日のように少年たちを海にいざなう。そのスリルや魅力にのめり込んでいき、少年たちはいつしかサンドーを人生の師と仰ぐようになる。
 
彼らは次々に大きな波に挑戦していくが、友人だったパイクレットとルーニーは、成長するとともに強いライバル心を燃やすようになっていく。そんな折、パイクレットはある出来事によって、サンド―と対峙し自分の生き方を見つめるようになる…。

映画情報

作品名 ブレス あの波の向こうへ
監督 サイモン・ベイカー
製作 マーク・ジョンソン/サイモン・ベイカー/ジェイミー・ヒルトン
製作総指揮 トム・ウィリアムズ/デイブ・ハンセン/ジョニー・マック/ローラ・リスター
原作 ティム・ウィントン
脚本 ジェラルド・リー/サイモン・ベイカー/ティム・ウィントン
出演 サイモン・ベイカー/エリザベス・デビッキ/サムソン・コールター/ベン・スペンス/リチャード・ロクスバーグ/レイチェル・ブレイク
上映時間 115分
製作国 オーストラリア

『ブレス あの波の向こうへ』レビュー 一覧

レビュー数 1
5
0%
4
100%
3
0%
2
0%
1
0%

オーストラリア南西部の小さな街に暮らす少年、パイクレットと友人ルーニー。正反対の性格の2人は、ある日、伝説のサーファー、サンドーと出会い、サーフィンの魅力に取り憑かれ、のめり込んでいく。初めはボードも持てず、発泡スチロールで作った手作りのボードでサーフィンに繰り出し、波に乗る楽しさと興奮を知り、無邪気な2人だったが、中古のボードを手に入れた頃から、本格的にサーフィンに没頭していく。
 
だんだんと技術を身につけ、腕を上げていくにつれ、無邪気にサーフィンを楽しむ友達同士という関係から、徐々にお互いをライバル視する関係に。サンドーにサーフィンの指導を受け、彼と彼の妻イーヴァが暮らす家に通い詰めるようになるパイクレットとルーニー。2人にとって彼の存在は大きくなっていく。
 
無邪気に夢中になっていたサーフィンも、大波に挑戦するようになるにつれて、パイクレットとルーニーに意識の違いが生まれてくる。大波を前にすぐさま挑戦するルーニーに対して、パイクレットは恐怖を感じて動けない。激しい自然に挑戦する時、危険を伴い、時として死をも招きかねない。サーファーなら、危険な波に挑戦したくなるだろう。そこに恐怖を覚えてしまったら、サーファーとしては致命的かもしれない。負けたくない、認められたい気持ちと、踏み出せない戸惑い。無理をして突き進むのか、それとも見切りをつけるのか。サーフィンを通して、パイクレットとルーニーは成長し、そして人生の選択をすることになる。スリルと魅力、刺激のあるサーフィンに出会ったことで、今までの自分の日常、魅力ないと思えていた穏やかな家族との毎日。改めて自分にとって価値あるものとは何かと気づくきっかけにもなっていく。

サーフィン映画としてではなく、多感な時期の少年が憧れの大人(サンドーと彼の妻イーヴァ)に出会い、変化し、成長していく、ほろ苦い青春が描かれている。若さゆえの無鉄砲さ、奔放さ、衝動によって様々なことを経験していく過程で、自分にとって大切なものは何か、諦める勇気、決断する勇気、そういったものに気づき、選択したパイクレットの成長していく姿に感動する。

-映画レビュー
-

Copyright© おすすめ映画なび , 2020 All Rights Reserved.