『アルキメデスの大戦』レビュー

更新日:

アルキメデスの大戦

2019年7月26日公開、第二次世界大戦を数学者の視点で描く同名マンガを『ALWAYS 三丁目の夕日』『永遠の0』の山崎貴監督のメガホンで実写映画化した『アルキメデスの大戦』のレビューページです。

『アルキメデスの大戦』映画情報

ストーリー

1933年(昭和8年)。欧米列強との対立を深め、軍拡路線を歩み始めた日本。海軍省は、世界最大の戦艦を建造する計画を秘密裏に進めていた。だが省内は決して一枚岩ではなく、この計画に反対する者も。「今後の海戦は航空機が主流」という自論を持つ海軍少将・山本五十六は、巨大戦艦の建造がいかに国家予算の無駄遣いか、独自に見積もりを算出して明白にしようと考えていた。しかし戦艦に関する一切の情報は、建造推進派の者たちが秘匿している。必要なのは、軍部の息がかかっていない協力者…。
 
山本五十六が目を付けたのは、100年に一人の天才と言われる元帝国大学の数学者・櫂直。ところがこの櫂という男は、数学を偏愛し、大の軍隊嫌いという一筋縄ではいかない変わり者だった。頑なに協力を拒む櫂に、山本は衝撃の一言を叩きつける。「巨大戦艦を建造すれば、その力を過信した日本は、必ず戦争を始める」…この言葉に意を決した櫂は、帝国海軍という巨大な権力の中枢に、たったひとりで飛び込んでいく。天才数学者 VS 日本海軍、かつてない頭脳戦が始まった。同調圧力と妨害工作のなか、巨大戦艦の秘密に迫る櫂。
 
その艦の名は【大和】ーー。

映画情報

作品名 アルキメデスの大戦
監督 山崎貴
原作 三田紀房
脚本 山崎貴
製作 市川南
エグゼクティブプロデューサー 阿部秀司/山内章弘
プロデューサー 佐藤善宏/守屋圭一郎
音楽 佐藤直紀
出演 菅田将暉/柄本佑/浜辺美波/笑福亭鶴瓶/小林克也/小日向文世/國村隼/橋爪功/田中泯/舘ひろし
上映時間 130分
製作国 日本

『アルキメデスの大戦』レビュー 一覧

レビュー数 2
5
50%
4
50%
3
0%
2
0%
1
0%

いやー、面白かった!こういう戦艦ものは映画館の大画面と大音量の中で見るに限るね。

一般的に映画って静かに始まってだんだん盛り上がっていくイメージなんだけど、本作は冒頭から、戦艦大和の怒涛の戦闘シーン、沈没シーンで始まり、もうそれだけでも度肝を抜かれた、というかお腹いっぱいで(笑)。もしかするとこの前『空母いぶき』みたせいからかも知らんけど。

それにしても、菅田将暉ってのは本当にすごい役者やね。気性の激しい変わり者の役がハマる人なイメージが定着しつつあるけども。今回も天才数学者の役がドハマりで、息をのむ瞬間が何度もありつつ、天才ならではのボケっぷりも面白く、何度も吹きました(笑)

ストリー的には、単に天才数学者が不正を暴いて、はい、勧善懲悪!というわけではなく、不正をする側にも(少なくとも私は)納得のいく大義があり、大人の世界にも少しだけ共感できる部分があり、深さも感じることができました。

超大型戦艦大和の建造と、その建造阻止に挑んだ天才数学者、櫂直。大和と数学、どういう内容なのか気になっていた作品。
 
冒頭の戦闘シーンから驚かされた。激しい銃撃、飛び交う砲弾、負傷し、飛び散る血肉、あまりにリアルで残酷で、これが戦争か…、と、観ていて苦しかった。そして、アメリカ軍の猛攻撃により大和が傾き、沈没していく様、次々と海に落ちていく乗員たち…。日本映画とは思えないCGのクオリティの高さを感じた。
 
第2次世界大戦開戦前。日本と欧米の対立が激化する中、日本帝国海軍の上層部は、世界に日本の威厳を示すべく、超大型戦艦大和の建造を推し進めようとする。なぜに上層部はこれほどまでに、前時代的とも言える大和の建造に入れ込むのか。冒頭シーンで、既に大和建造ありきとわかるのだけれど、どうして、という思いが抜けない。
 
これからの時代は航空母艦だと主張する、海軍少将の山本五十六が、上層部の算出したあまりに低い大和建造費用を試算し直し、裏にある不正を暴くべく、天才数学者、櫂直を海軍に招き入れるが、櫂役の菅田将暉、天才故の変人ぶり、人間味のないように思えて実は人間味のある、一癖も二癖もある人物を見事に演じていて、観ていて気持ちよかった。そして、櫂に最初は反発しながらも、世話役として支えていく、海軍少尉田中役の柄本佑、対立する大和建造推進派の、造船中将平山役の田中泯の演技が素晴らしかった。
 
不正を暴こうと、様々な妨害を乗り越え、数学的能力を発揮し奮闘する、若さ溢れる櫂の姿、それとは対照的に表情を変えず、不正と思われた建造費用の裏に隠された、超大型戦艦大和の真の大義を冷静に語る平山。この平山の、静かではあるけれどある意味力強い語りに、一気に全てを持っていかれる感覚、ぐうの音も出ない感覚が全身に走る。フィクションとは言え、実際にそうだったのではないかと思ってしまうほどの、納得はいかないけれど、腑に落ちてしまう説得力…。引き返せない、突き進むしかないという、高揚感にも似た恐ろしい空気が、悲惨な戦争を生むのだと、ひしひしと感じた。
 
クライマックス、まさかの展開。やはり、天才故の性なのか。自分の能力を実証せずにはいられない衝動と、大和の真の大義が引き寄せ合うのは必然だったのか…。ただただ思うのは、2度と戦争をしてはいけないということ。

-映画レビュー
-

Copyright© おすすめ映画なび , 2020 All Rights Reserved.