『シークレット・スーパースター』レビュー

更新日:

シークレット・スーパースター

2019年8月9日公開、インド映画界のスター、アーミル・カーン製作・出演。落ち目の音楽プロデューサー&ユーチューバー少女の笑いと涙のサクセスストーリー『シークレット・スーパースター』のレビューページです。

『シークレット・スーパースター』映画情報

ストーリー

インドに暮らすインシアは、両親と祖母、弟と暮らしている。父親は、権威的で、母親に暴力をふるうこともしばしば。インシアは、歌手を夢見てギターを弾き、自分で曲を作っていた。父からは叶わない夢にうつつを抜かすなと厳しく歌を禁止されていたが、母はインシアを応援しており、ある日父親に内緒でノートパソコンを買い与える。そこでインシアは、母の提案もあってブルカで顔を隠してYOUTUBEで自分の歌う姿をアップする。するとその歌声はたちまちインド中で話題になり、新聞やTVまでもが、“シークレット・スーパースター”の話題で持ちきりとなる。自分の歌声が響き、たくさんの人に聞いてもらっていることに喜びを感じるインシア。しかし、父に隠れて歌を歌っていることがバレてしまい、投げやりになりノートパソコンを壊してしまう。
 
そんな時、有名ではあるが若干落ち目の音楽プロデューサー、シャクティが彼女を見つける。インシアは学校にも親にも内緒で、彼女を支えてくれる友人・チンタンの助けを得てシャクティに会いに行く。最初にシャクティから渡された曲は全くインシアに合わない曲だった。上手く歌うことのできないインシアをみて、プロデューサーたちはがっかりし、諦めかけていた時、インシアはシャクティの昔のバラードを歌いたいと願い出る。そこで歌った彼女の歌声が全員の心を掴んだ。しかし帰ってきた彼女には大きな障害が立ちはだかっていたのだったーー。

映画情報

作品名 シークレット・スーパースター
監督 アドベイト・チャンダン
製作 アーミル・カーン/キラン・ラオ/アカシュ・チャウラ
脚本 アドベイト・チャンダン
出演 ザイラー・ワシーム/メヘル・ビジュ/ラージ・アルジュン/アーミル・カーン
上映時間 150分
製作国 インド

『シークレット・スーパースター』レビュー 一覧

レビュー数 1
5
100%
4
0%
3
0%
2
0%
1
0%

サクセスストーリーもあるけれど、インド社会の問題、女性の権利、生き方、そして何よりも、母親と娘の愛情物語。クライマックスのシーンはそれを体現していた。150分という上映時間を感じさせない、社会問題、涙あり、笑いあり、踊り少なめでインド映画初心者にも観やすい、素晴らしい作品。

終盤、怒涛の展開が。涙腺崩壊のシーンが待ち受けているので、ハンカチ、ティッシュは必須!嗚咽級。

-映画レビュー
-

Copyright© おすすめ映画なび , 2020 All Rights Reserved.